関西学院大学 経営戦略研究科

公認会計士・税理士をめざす / アカウンティングスクール

公認会計士・税理士をめざすプログラム

公認会計士試験に直結する学び

アカウンティングスクールを修了すると、公認会計士試験短答式試験の科目免除が受けられます。公認会計士をめざす人のために、財務会計、管理会計、監査、経済・経営、企業法、租税法の各分野に、基本から公認会計士論文式試験レベルまで、段階的に多くの科目を設置しています。過去の公認会計士試験において、修了生及び在学生から、毎年コンスタントに合格者を輩出し、常に、合格者数は全国のアカウンティングスクールのなかで上位に位置しています。

※公認会計士試験短答式試験の科目免除のためには、「簿記」「財務会計論」「原価計算論」「管理会計論」「監査論」の修得が必要です。

公認会計士の仕事に必要な学び

公認会計士試験に合格して、会計業務や監査業務を行う上では、実践的な会計・税務の知識や国際会計、公会計の知識が必要ですし、会計の周辺領域である経営やITの知識も欠かせません。これに対応する科目も多く設置しています。また、会計大学院協会を通じた監査法人へのインターンシップ制度により、監査業務を体験することができます。

研修員制度
修了後、専門職大学院研修員として、公認会計士試験準備のための勉学を継続することが可能です。研修員は、西宮上ケ原キャンパスの自習室や大学図書館、関西学院大学教育・研究システム(コンピュータシステム)などを利用することができます。

税理士をめざす人に

「財務会計論文指導」の修得により、税理士試験会計科目免除申請が可能になります。また、財務会計分野や租税法関係の授業では、試験勉強や税理士業務に必要な知識を修得できます。さらに、管理会計や経営学の分野は、税理士試験科目にはありませんが、税理士業務を行う上では必須の知識です。

「財務会計論文指導」について
この科目は、春学期に開講される「財務会計論文指導Ⅰ」を履修し、「財務会計論文指導Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」と順次履修する必要があります。また、「財務会計論文指導Ⅳ」まで履修し、論文を作成する場合、修了するには48単位の修得に加えて、学位申請論文審査での合格が必要です。

公認会計士までのステップ

伝統と実績を誇る関西学院の会計教育

関西学院大学出身の公認会計士試験合格者数関西学院大学アカウンティングスクールにおける企業会計の教育・研究は1912年の高等学部商科開設以来、一貫して米国型の会計を基礎とするもので、その伝統と教育・研究水準の高さは、広く一般に知られているところです。また、グローバルな視点から取り組む会計教育と研究姿勢は各方面から大いに注目されています。開設以来、数多くの公認会計士や企業経理財務の幹部職員を輩出していることも、関西学院大学アカウンティングスクールの教育レベルの高さを示すものです。

履修モデル

目的に合わせたプログラム別履修モデル

公認会計士・税理士をめざす履修モデル(PDF 136KB)

このページの先頭へ戻る