当コースは、厚生労働省「専門実践教育訓練給付金」認定事業、および文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)認定事業です。

文部科学省「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」委託事業+文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)認定事業

当プログラムは、文部科学省「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」委託事業、および文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)認定事業です。

2017.02.25
2017年2月24日、昨年に引き続き「経営トップセミナー」が開催されました。
2017.02.24
4期生の募集を開始しました。
2017.02.13
3/11 「産学官連携フォーラム 女性の活躍はこれからの企業を変える、社会を変える」を開催します。
2017.02.13
女性リーダー育成コースが「専門実践教育訓練給付金」の対象講座に認定されました。
2017.01.28
ハッピーキャリアプログラム 女性リーダー育成コースのプログラム開発委員会が開催されました。

女性活躍推進の動きが広がっています。その流れを受けて、これから役員・管理職を目指す女性もいるでしょう。しかし、ロールモデルがなく、リーダーとしての自分のキャリアを描けないと戸惑っている女性も多いのではないでしょうか。また、実際、役員・管理職に就き、あるいは起業しても、厳しいビジネス環境下でイノベーションを創出し、組織をマネジメントするにはどうすべきか苦慮している女性も多いのではないでしょうか。
多くの女性には、男性とは異なり企業の教育訓練や配置転換の機会が少なく、それらを通して得られたはずの知識や経験・スキルが不足しています。本プログラムでは、リーダーを目指す女性を対象に、経営に関する知識・技能やリーダーシップ、組織マネジメント力、意思決定力、課題解決力など、リーダーとしての真の力を養成していきます。異業種の仲間、講師、各社の女性役員とのネットワークを築きながら、ケーススタディやグループワーク、アクションラーニングを通じたトレーニングを重ねることで、職場で、組織で、社会で活躍する女性リーダーを育てていきます。

関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科 准教授 大内 章子

現在、女性活躍推進は国、行政、企業、学校等さまざまな組織が取り組もうとしている重要課題です。特に国は「女性管理職比率を2020年までに30%にする」という目標を掲げています。
こうした状況下、本学では文部科学省「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」の委託を受け、女性役員・管理職候補者などを対象に「ハッピーキャリアプログラム 女性リーダー育成コース」を開講し、2014~16年の3年度間で60名の方々にご受講いただきました。その中で、2016年、文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)に認定されました。さらに、厚生労働省の「専門実践教育訓練給付金」の対象講座にも認定され、2017年度からは、必修を含む12単位以上を履修して履修証明書を取得される方のうち一定の条件を満たす場合は、教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)による給付金を受給することができるようになりました。
このように国に認められている本プログラムは、何より、修了生・受講生の声受講生と上司の声にあるように、ご受講いただいた皆様から高い満足を得ており、また第三者評価でも高い評価を頂戴しております。
2017年度からは、委託事業から独立して本学で事業継続して参ります。本プログラムの姉妹コースで育児休業復帰や再就職・起業の支援に取り組んで10年目となる「ハッピーキャリアプログラム-女性の仕事復帰 起業コース」とともに、社会人の職業に必要な能力の向上を図ることが期待されているプログラムです。ぜひご一緒に学びましょう。

※文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)認定ロゴマーク