当コースは、厚生労働省「専門実践教育訓練給付金」認定事業、および文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)認定事業です。

トップページ > メッセージ

修了生の声

1期生
相奈良 聖子
サラヤ株式会社 総務人事本部 人事部
兼 経理本部 経営企画室 主任
私がこのプログラムに参加した理由は全部で4つあります。
1. ロールモデルを見つけたい
2. ロジカルシンキングを強化したい
3. 女性管理職が活躍しているこのプログラムに参加してネットワークを構築したい
4. 他企業の女性役員の方々との交流があると知り、どのような軌跡を辿り今の地位にいるのか、20代はどう過ごしたのかを知り参考にしたい
といった理由があげられます。
通い始めた1ヶ月はプログラムについていくのが、やっとの思いで、本当に食らいつくような数カ月を過ごしましたが、3ヶ月もすると学ぶ習慣やリズムがついてきたのか、授業がない週や、課題がない日は、少し寂しさを感じている自分もいました。そして、この1年間通った結果、私は以前に比べあらゆる視点で物事の事象を捉えようとする姿勢、意識が大きく変わっていたことに気づきました。ここでの学びの機会は、他ではなかなか経験できないことばかりです。例えば、社外の方々(1期生の方)に自分のプレゼンテーションのスキルを評価される、社外の方と一緒にグループを作り、課題発表をする。中には、講義内で時間が足りない時は、平日や休日を利用し、仕事の合間をぬって議論しプレゼンテーションの準備をしました。講義の課題以外にも自分の仕事やキャリアの悩みを一緒に解決してくれる等、一緒に学ぶ仲間から沢山アドバイスや、刺激をもらいました。ここでは書ききれないほど、ハッピーキャリアには沢山の魅力がありますが、それを自分のものにするのもしないのも、結局は自分次第だと思います。是非迷っている方は一歩勇気をだしてチャレンジしてみてください!
最後に、先生方、講師の方々をはじめ、事務局の方、応援してくれた会社の方々、1期生、2期生の方々、ありがとうございました。ここを新たなスタートラインとして、私も更なるスキルアップを目指し、会社に貢献できるように頑張りたいです!目指せ!美しきリーダーへ!
1期生
国代 あや
株式会社大丸松坂屋セールスアソシエイツ
セールスソリューション事業統括部
百貨店販売事業部 部長 京都・山科・高槻店担当
ハッピーキャリア女性リーダーコースに1年間通い私が得たもの、それは「出会い」です。このコースでは経営に関わる者に必要な知識やスキルを学ぶことと同時に、多数のケーススタディやチームでの課題への取組等で計画・実施・検証を重ねながら実践的にリーダーシップ力やマネジメント力を学べます。同時にハッピーサポートの中で数々の女性経営トップとかなり近い形でお話を聞かせていただく機会や相談に乗っていただくような機会もあり、その方々からも毎回、目から鱗が落ちるような刺激を受けることができました。仕事をしながらの授業は(宿題もあるので)ハードではありますが、魅力的な講師の方々の授業が受けたくて毎週通っていたように思います。何よりもそのような過程を1年間共に笑いながら苦しみながら取り組んだクラスのメンバーはとてもかけがえなく、これからも何かあれば相談したくなるような頼れる仲間となりました。社会人としてキャリアを重ねていく上で、学生時代の部活のような熱い経験を共にした繋がりを持てるということはとてもありがたいことだと心から感じますし、大事にしていきたいと思っています。知識・スキルのみならずこのような素敵な出会いができる場を設けていただいたことに感謝しつつ、リーダーコース1期生としてこれからも学んだことを実践につなげていきたいと思います。
1期生
山﨑 有香
三洋化成工業株式会社
研究業務本部 研究技術部 部長
2014年12月末の日本経済新聞を読んでいた時、「前に出なきゃ始まらない」という見出しで日本女性リーダー育成関連の記事の中に、「関西学院大学が『ハッピーキャリアプログラム女性リーダー育成コース』を次年度開設する」という記事を見つけたのが、本プログラムを受講することになったきっかけです。管理職に必要な経営知識や組織マネジメント、意思決定力、リーダーシップ、論理的思考力(ロジカルシンキング)、プレゼンテーション能力を身に付けたいと思い受講を希望しました。実際に授業が始まると、濃密な授業内容と膨大な課題の量に正直驚きました。しかし、短期間で様々な能力を身に付けるためには、これだけの量をこなしていく必要があると考え必死にこなしていきました。このプログラムで多方面の知識を身に付けることによって、まず感じた私の変化は、実際の仕事においてより論理的に思考していけるようになったことです。また、会計・財務諸表の授業ではケースに落とし込んで、存在する企業2社について優良度の比較・解析を行ったことは、管理職として今後応用できるのではないかと思います。更には、経営トップセミナーや外部で活躍中の女性役員との交流・相談会など貴重な経験もさせていただきました。約1年間の本プログラムを終え、やり遂げた充実感とともに、一緒に学んできた1期生メンバーと築けたネットワーク・絆は私の一生の宝になったと思っています。会社の仕事や家事と両立しながらこのプログラムを続けていくのは決してたやすくはありませんが、それ以上に得られるものは大きいです。是非、皆さんもキャリアアップを目指し、一歩を踏み出してみましょう。
2期生
金子 静苗
株式会社全日警 大阪支社
警務部 課長代理
偶然、駅でポスターを見かけてから2年の月日が過ぎました。プログラム受講中は自分自身と向き合う期間であり、同時に未知の自分自身と出会う期間でもありました。授業では経営に関わるための必要な知識はもちろんのこと、組織力を最大化させるチームワーク力を理論だけではなく実践で学びます。プログラム終了後に間違いなくアップデートした自分自身と出会います。何より濃い濃い9ヶ月間を共に過ごしたクラスメイトとの出会いは人生の大きな財産、宝物と言えます。自分と異なる生い立ちや境遇の人たちとの触れあうことは、人生に新しい視座や価値観をもたらしてくれます。人生を変えるキッカケとなります。今これを読んでいるあなたへ、この出会いを大事にしましょう。出会いなくして成長もチャンスもない。最後に、先生方、講師の方々、事務局の方々、1期生、同期の皆、ありがとうございました。在学中に昇進試験に合格し、一つ上のステージに上がれました。ハッピーで学んだことを実践し、ハッピーなキャリアを築けるようにがんばります。
2期生
栗園 香
関西テレビ放送株式会社
営業局営業部 主事
私がこの女性リーダーコースを受講したのは、年次的に人のとりまとめや指導をする機会が増え、走りながら考えるだけでは、業務上の人間関係や、業務内容の向上は不可能でなと感じている時期でした。このコースの良いところは、「管理職」だけでなく、人をマネジメントする立場に必要な知識や理論を経験豊富な先生方から構造的に学べる点だと思います。もちろんすぐに自分の職場に応用できない場合も多々ありますが、学習経験を積むことで、まずは一歩引いた視点を持てるようになりました。また印象や感情ではなく、現象で仕事を捉え、目の前のことを「どう感じるか」の前に「どうすべきか」を考える習慣は、現場でのとっさの判断をくだす際に役立ちました。そして、授業の場で業種、年齢ともに幅広いジャンルから集まる女性達と共に学ぶことは何にも代えがたい体験です。他の方の努力する姿を見て、これまでの自分が「頑張っていたつもり」だと痛感することもしばしばでした。クラスメートと共に現場の第一線にいらっしゃる講師のお話を聞き、自身のロールモデルについて、語り合う機会も大変貴重な体験です。日常の業務を行いながら、課題に取り組む日々は決して楽ではありませんが、それ以上に得られるものの喜びは大きいです。受講すべきか悩んでいる方がいらっしゃれば、ぜひ足を踏み出して頂ければと思います。
2期生
澤村 さおり
社会福祉法人池田市社会福祉協議会
在宅福祉課 主任主事
私がこのプログラムに参加したきっかけは主に二つあります、1. 経験を重ねるにつれ、担当業務だけでなく経営やマネジメントの視点と知識が必要だと感じたこと、2. 公的な事業を行う非営利組織であっても、効率よく収益や成果を上げる事が不可欠だと考えたこと。そこで、社会人向けセミナーなどに参加しましたが、なかなか手ごたえを感じられず、体系的に学習する方法を探していたところ、ハッピーキャリアプログラムと出会いました。入校当初は、授業についていくことができるか不安でしたが、クラスメイトと協力し、温かい先生方に支えられ、修了時は達成感満足感で一杯でした。授業はケーススタディやグループワークが多く、自ら考え表現するトレーニングになりとても鍛えられました。受講の一番の成果は、思考法が変わったことです。例えば課題や問題にぶつかった際、これまでは場当たり的でしたが、本質的な問題は何か、パターンはあるのか、フレームワークに当てはまるかなど、構造的論理的に考えるようになりました。現在は、授業のポイントを記録したノートを持ち歩き、日頃から振り返り、自分なりの気づきを加えるようにしています。アウトプットが苦手なので、スキルの見える化にも取り組んでいますが、これはもう少し時間がかかりそうです。少しずつ漠然としていた事が、形になっているのを実感します。今回の学びを今後も実践に活かし、素敵なリーダーを目指したいと思っています。受講を検討中の方、新たな学びはとても面白いです。ぜひプログラムに参加して、キャリアアップに挑戦してください。

受講生の声

川瀬 智子
公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン
関西事務局
旅行会社からNPOに転職し、環境の違いと自分の力不足を痛感していた私は、「リーダーだなんてとんでもない。でも、思考力とアウトプット力は身につけたい。」とこのコースを受講しました。しかし、授業が進むにつれ、「リーダーだなんて」という意識は少しずつ変わり、今では、職場や周りの状況を客観的に捉え、何をすべきか、何ができるかを考えようとする自分がいます。様々な業界から集まった受講生たちとのコミュニケーションや、各分野で活躍されている講師の方々の理論と実践に基づいた講義からは毎回エネルギーをもらい、仕事だけではなく、「自身の生き方」を考えるうえで、今後に活かせる多くの気づきを得ることができました。新しいことを始めるには勇気がいりますが、これを見ている時点でその一歩はもう始まっているかもしれません。ぜひチャレンジしてみてください。
北村 友香理
関西テレビ放送株式会社
編成局宣伝部 主事
正直、めちゃくちゃ大変でした。でも、間違いなく、この1年は私の人生でかけがえのない時間となりました。そもそも大変だった理由は、“学ぶ”ということをすっかり忘れ、日々の仕事に追われていた私に、単純に授業と課題がプラスされたからだけではありません。「すごすぎる!」と思える仲間や先生方から受ける“気付き”や“刺激”で、“考え方の幅が拡がっていく自分”を実感し、色んなことを吸収したいとセミナーやランチなど授業以外でも積極的に時間を共有し、“仕事に活かしたい”と仕事の質を上げる作業も自発的に加わり、“変わっていく自分”を認識できたからだと思います。知らず知らずのうちに、自分と深く向き合い、よりモチベーションを上げて「もっと!」と思える自分になれるような刷り込みが、このプログラムには、うま~く散りばめられていました(笑)。これからもずっと一緒に学んで行きたいと思える仲間との出会いも、本当に貴重でした。参加して良かったと心から思います。あんなに大変だったことがこんなにも良かったと思えるのは、よっぽど楽しかったからですね。楽しい時間をありがとうございました!!
佐伯 香
キャタピラージャパン株式会社
油圧ショベル開発本部
技術管理部 技術管理課
現在私は管理職ではありませんが、今後キャリアを実現していくにあたって必要な知識・スキルを幅広く学ぶことができると考え、受講を申し込みました。約9か月のプログラムで身についたものを1つ挙げるならば、「広く深く考える力」です。課題に対し自分なりに頭を働かせ、講義やグループディスカッションを通じ新たな知識や視点を得る、という繰り返しによって、力を付けることができました。仕事においても、今までに比べ様々な視点で問題解決に取り組めるようになってきたと感じています。また、様々な分野、立場で活躍している多くの女性と出会えたことは、本当に貴重で素晴らしい機会となりました。全員がロールモデルです。「学びたい」「成長したい」と考えている皆さんにとり、必ず多くのものが得られるプログラムです。ぜひチャレンジしてみてください。
三浦 絵美
シャープトレーディング株式会社
ロジスティクス・コンプライアンス部
主任(シャープ㈱から出向)
私がこのプログラムを知ったのは、夫の海外赴任の為、休職し専業主婦としてアメリカに滞在していた時でした。渡米前はワークライフバランスを意識し、自分なりに順調にキャリアを積んでいるつもりでしたので、帰国後のキャリアについて不安がありました。ちょうど帰国と募集のタイミングが合い、「このブランクを払拭するくらいの力をつけて、もう一度頑張ろう」と思い、応募しました。授業では、リーダーシップや組織マネジメントなど新しい知識を得られると共に、役職や年齢、業種など多様なバックグラウンドを持つ受講生とのディスカッションを通じた気づきもあります。また日本を代表する女性リーダーであるゲスト講師の方々とお話できる機会もあり、非常に充実したプログラムだと思います。ここでの「学び」と「出会い」はきっとあなたの人生の財産になると思います。ぜひチャレンジして下さい。
山口 潤
株式会社 第一住建
常務取締役
役員に就任して3年目、役員として会社をひっぱっていくためにこれから自分がどうすればよいか考えていたときに女性リーダー育成コースの募集を知り応募しました。経営に必要なスキル、リーダーとして必要な組織のマネジメントについて、理論やケースで学べたことでそれを自分の仕事に置き換えて考え、実践の場に応用しながら実行していくことができます。また、この場を通じて一緒に学ぶ仲間やゲストスピーカーから与えられる刺激は予想を上回るものでした。年齢も業種もポジションもさまざまな仲間との出会いは、授業以外でも課題をこなすために集まることもあり、仲間からの刺激がいつからか自分のモチベーションとなりました。これからの社会での働き方を考えるたくさんの要素がつまっています。課題も多く仕事をしながらの授業は大変なこともありますが非常に充実した日々を送っています。「あの時思い切って応募して良かった。」と自分次第で必ず思えます。

連携団体・企業の皆様からの応援メッセージ

組織マネジメントIIゲスト講師
伊藤 久美様
フォー・ユー・ライフケア株式会社 取締役
新しく始まる女性リーダー育成コースは、そもそも管理職など意識になかった女性、組織の中でどうやって女性が活躍できるようにすればいいか苦慮されている企業、そのどちらにも「本当に実行できる」コンテンツを詰め込んだコースになっています。リーダーになりたいと思っている女性はもちろんですが、リーダーなど自分の柄ではない、と思っている女性にこそ受けていただきたい、そういう女性をぜひ企業の皆さんに送りこんでいただきたいと思っています。
組織マネジメントI(1期)ゲスト講師、連携団体
岩田 喜美枝様
21世紀職業財団会長
元資生堂株式会社 代表取締役副社長
多くの経営者が、女性の活躍は企業を活性化させ、成長させると考えるようになってきました。これまで考えられなかったようなチャンスが女性に来ます。
女性の皆さんにはキャリアアップをし、管理職や役員などリーダーとして活躍して欲しいと思います。働き方やリーダーシップのありかたについては、社内にはこれまでの常識がありますが、これらがしばしば男性型です。これにとらわれることなく、女性の皆さんが最も活躍しやすい型を追求・実践して欲しいと思います。本プログラムがその一助になることを期待しています。
組織マネジメントI(2期~)ゲスト講師
伊藤 みどり様
積水ハウス株式会社 経営企画部 ダイバーシティ推進室長 常務理事
建設業界は、長い間男性社会を形成してきました。積水ハウスでは、2006年から、女性の活躍推進をスタート。今では営業、設計、現場監督など、様々な分野に女性が進出し、役員や管理職の登用もグループ全体で進んできました。今や企業価値向上に女性の活躍は不可欠となっています。性別に縛られることなく、しっかり学び、臆することなく一歩前に踏み出す。上手くいかないことがあっても、その時こそ成長のチャンスととらえ諦めない。このプログラムがその時々の「力」になることを願っています。皆さんが更に上のステージで活躍されることを期待しています。
組織マネジメントIIIゲスト講師
中野 星子様
日本航空株式会社 執行役員 西日本地区支配人
女性が働く環境については、まだまだ制度の整備や意識改革が必要ですが、私が入社した当時と比較して良くなってきていると思います。今や、ワ-ク&ライフバランス、ダイバ-シティ-という言葉がよく聞かれるようになりましたし、政府も2030プロジェクト=「社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位の女性の割合を最低で30%程度にする」という目標を掲げています。目の前に道は開かれているのです。是非とも、より多くの女性の方にキャリアアップを目指し、活躍して頂き、日本の発展に寄与して頂きたく思います。そして、これまでの私の経験が多少なりともお役にたてればと、今回の講師をお引き受け致した次第です。一緒に頑張りましょう。
意欲のある女性が活躍し続けられる環境づくりに大阪市も取り組んでおります。
管理職や起業家をめざし、大学院レベルで学ぼうとするみなさん、社会人の学び直しプログラムで実績のある関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科と手をたずさえ、大阪市もみなさんを応援しますよ!
大阪商工会議所では平成26年度より、千客万来都市OSAKAプラン「新戦力人材発掘支援プロジェクト」として、企業における女性の活躍推進に取り組んでおります。このたびの「ハッピーキャリアプログラム 女性リーダー育成コース」の開講は、女性の活躍を促進されたい企業経営者やキャリアアップを図りたい働く女性の方々にとって、誠に心強いことと存じます。本コースを学んだ女性リーダーの活躍によって、関西の企業が成長・発展することを期待しています。
戦後、女性の積極的な社会進出が始まって久しく、女性特有のアイデア力やスキルが貢献している企業も急増しており、私ども大阪市女性起業家情報交流協会にも女性であることを強みに起業している会員が多数在籍しています。
今後、大阪そして日本経済がさらに活性化するために、女性がもっと活躍できる社会づくりが必要であり、そのためにも女性リーダーの育成を担うハッピーキャリアの本コースの役割はとても意義深いものだと考えます。
受講生の皆様が、社会を牽引する真のリーダーとなられることを大いに期待しております。
経済産業省では、女性等多様な人材を活かしてその能力を最大限引き出すことにより、イノベーションの創出や生産性向上につなげる「ダイバーシティ経営」を推進しております。また、政府の目標である女性管理職比率「2020年30%」の実現に向けた各種取組も行っており、「ハッピーキャリアプログラム 女性リーダー育成コース」の受講をきっかけに、皆様がますます活躍していただくことを期待します。